競技役員

競技役員資格について

(公財)日本水泳連盟 競技役員資格規定より抜粋

第1条(目的)
 水泳競技会(競泳・飛込・水球・シンクロナイズドスイミング・OWS・日本泳法)の運営が、公正かつ公平になされる為に必要な知識、技能を習得させ、合わせて水泳の普及発展に寄与・貢献することを目的とする。

第2条(公認競技役員の種類)
 本連盟が公認する競技役員資格は、各競技種別に共通する公認競技役員と各競技種別における審判員とによって構成される。
①公認競技役員
18 歳以上で、本連盟または、加盟団体が開催する公認競技役員取得講習会を受講し、適性を認められた者。
②公認審判員
本連盟または、加盟団体が開催する公認審判員取得講習会を受講し、各競技の専門的知識を習得し、実技研修を経て適性を認められた者。
③審判員制定(競泳・飛込・水球・シンクロナイズドスイミング・OWS・日本泳法)の資格は、この公認競技役員の資格保有を必須とする。

第3条(公認競技役員の任務)
 公認競技役員は、本連盟または、加盟団体の委嘱に基づき競技運営に参加し、誠実にその任にあたるものとする。委嘱は、原則として競技会ごとに行われるものとする。

第4条(公認競技役員の登録)
 公認競技役員の資格を取得した者は、本連盟制定の登録申請書に所定事項を記入し、登録料と共に加盟団体を通じて本連盟に登録しなければならない。登録者に対し登録証を交付する。

第5条(登録の更新)
 登録年より4年ごとに登録の更新をしなければならない。登録後、登録内容に変更(転居、改姓等)が生じた場合は加盟団体を通じ本連盟に速やかに文書で連絡すること。

第6条(研修の義務)
 登録をしている公認競技役員は、本連盟または加盟団体が実施する研修会(実施細目)に4年に1回以上参加しなければならない。

第7条(資格の取消)
①正当な理由なく委嘱された任務を怠りあるいは、競技役員の名誉を傷つける行為があった場合。
②正当な理由なく4年に1回の研修会への参加を怠った場合。

競泳競技・審判員資格(A級/B級/C級)の取得・昇格・更新について

C級審判

一般社団法人神奈川県水泳連盟(以下「本連盟」とする)が実施する『公認競技役員講習会』を受講し 所定の手続きを経て取得・更新する。

B級審判

本連盟の各加盟団体または各委員会の長より推薦を受け、本連盟の競技委員会の承認を得た後に公益 財団法人日本水泳連盟に推薦する。公益財団法人日本水泳連盟の資格審査委員会の承認を得た後に所定の手続きを経て取得(昇格)する。更新はC級と同じ。

A級審判

本連盟競技委員会より推薦を受け、常任理事会の承認を得た後に公益財団法人日本水泳連盟による書類審査及び課題審査合格後に所定の手続きを経て取得(昇格)する。更新の際も書類及び課題の審査が必要。

競泳競技・公認審判員規定(公財)日本水泳連盟 競泳競技・公認審判員規定より抜粋

第5条(資格及び申請条件)
 公認審判員の資格及び申請条件は、次の各号に掲げる者とする。

1.C級審判
イ. 18 歳以上の者(高校生を除く)
ロ. 本連盟の公認競技役員登録を行った者
ハ. 本連盟が定める競泳競技公認審判員講習会を受講し、3日間の実技研修を終了した者

2.B級審判
イ. 本連盟の公認競技役員登録を行った者
ロ. C級審判取得後、実務を4カ年以上継続した者
ハ. 加盟団体より推薦を受け、本連盟資格審査委員会により適格と認められた者

3.A級審判
イ. 本連盟の公認競技役員登録を行った者
ロ. B級審判取得後、実務を4カ年以上継続した者
ハ. 加盟団体ならびに本連盟競技委員会より推薦を受け、本連盟資格審査委員会により適格と       認められた者

第9条(登録料)
 公認審判員は、登録にあたって次に定める登録料を、本連盟に納入しなければならない。
A級審判  8,000 円 B級審判  6,000 円 C級審判  4,000 円

競技会出席調査票

掲載した“競技会出席調査票”をご確認いただき、参加可能な方は所属加盟団体経由または個人で県水連事務局までお知らせください。
下半期〔後期(10月1日以降)〕の競技会の出欠は2022年10月14日までに県水連事務局にご提出くださるようご協力をお願い致します。

尚、予定されている2022年度の各競技会は新型コロナウイルス感染症の感染状況や社会情勢を考慮して内容の変更が生じることがあります。

競技会出席調査票〔2022年度-下半期〕

競技役員講習会

実施要項

タイムスケジュール

***2022/3/4***
2022年度 第1回競技役員講習会 の案内を掲載いたします。
今年度は平塚水泳協会のご協力を頂き4月16日(土)の開催となります。
新規・更新を問わず申し込み可能となります。詳細は添付資料をご確認下さい。
尚、申し込み締め切りは 3月31日 となります。

***2022/4/14***
多数のご参加を頂きありがとうございます。
既にご連絡が届いているかとは思いますが、講習会の時間に変更がありますのでお気を付けください。
下記タイムスケジュールをご確認下さい。

資格昇格申請書(B級)

指導者資格

指導者資格について

水泳の指導者資格は公益財団法人日本スポーツ協会(日スポ協)、公益財団法人日本水泳連盟(日水連)及び一般社団法人日本スイミングクラブ協会(SC協)によって認定・発行されており、下記の通り分類される。

1.基礎水泳指導員
2.水泳コーチ1
3.水泳コーチ2(水泳コーチ1の上位資格)
4.水泳コーチ3(競泳・飛込・水球・AS・OWSに分類される。)
5.水泳コーチ4(水泳コーチ3の上位資格、競泳・飛込・水球・AS・OWSに分類される)
6.水泳教師
7.水泳上級教師

資格取得について

基礎水泳指導員、水泳コーチ1、水泳コーチ2

※詳細はリンクの資料をご参照ください。

水泳コーチ3、水泳コーチ4

日スポ協が主催する公認スポーツ指導者養成講習会の「共通科目」講習会と、日水連が行う「専門科目」講習会の両方を受講し、それぞれの試験に合格することが必要となります。

水泳教師、水泳上級教師

日スポ協が主催する公認スポーツ指導者養成講習会の「共通科目」講習会と、日水連並びにSC協が共催で行う「専門科目」講習会の両方を受講し、それぞれの試験に合格することが必要となります。

基礎水泳指導員、コーチ1・コーチ2をお持ちの方へ(更新研修会について)

<8/29更新>
神奈川県の新型コロナウイルス感染症の発生状況から、安全を最優先に考慮し、第1回11月26日(土)、第2回3月11日(土)の集合研修を中止といたします。

集合研修の代替措置として、公益財団法人日本水泳連盟の通達により、課題レポート提出による研修修了といたします。

今年度受講対象者には、県水連普及員会よりご連絡いたします。

基礎水泳指導員 養成講習会並びに検定会について

今年度の公益財団法人 日本水泳連盟基礎水泳指導員養成講習会並びに検定会は、10月22日(土)、10月23日(日)、10月29日(土)、11月3日(木・祝)検定の日程で実施予定です。 参加を希望される方は、募集開始が9月1日(木)からとなっておりますので、開催要項をご覧下さい。

公認スポーツ指導員(公認水泳コーチ) 養成講習会について

***2022/3/16***
令和 4 年度日本スポーツ協会公認水泳コーチ 2 (専門科目)養成講習会 のお知らせが 主管の埼玉県 から届きました。
受講を希望される方は 添付資料 をご確認下さい。申し込み受付は4月1日からとなります。

資格証の記載事項変更について

その他

***2022/8/12***
2023年度から"公認水泳コーチ3養成講習”の内容が一部変更されます。
添付資料をご確認ください。
詳細については今後日水連からの通達をご確認ください。